日本製のカラコンについて

カラコンは目につけるものなのでとにかく安全性が気になりますよね。
そして海外製よりも日本製のカラコンを使いたいと考えている人も多いはずです。
では日本製のカラコンにどんなものがあるのかというと、現時点では二つのカラコンメーカーから国産カラコンが発売されています。
それがフォーリンアイズとトラスティトラスティです。
二つとも運営している会社は同じなので姉妹ブランドといえます。

この二つのどこが違うのかというと

  • 値段は高いけど種類が豊富なのがフォーリンアイズ
  • 種類が少ないけど値段が安いのがトラスティトラスティ

という違いがあります。

とても分かりやすいですね。
お金に余裕があれば種類豊富なフォーリンアイズの方がおすすめです。
フォーリンアイズにはノーマルサイズのカラコン以外に大きめサイズや小さめサイズもありますし、カラーも豊富です。
それに対してトラスティトラスティは今のところたったの3種類だけの展開です。

そしてフォーリンアイズもトラスティトラスティも日本製なのは1ヶ月交換タイプのカラコンのみです。
フォーリンアイズにはワンデー使い捨てカラコンもありますが、それだけは残念ながら外国製です。
つまり、ワンデーで日本製のカラコンは存在しないということです。
そういうわけでどうしてもワンデー使い捨てカラコンがいいという人は海外製のカラコンを買うしかありません。

海外製のカラコンを買うときの注意点は、日本の厚生労働省から高度管理医療機器の承認を受けているカラコンを買うことです。
未承認のカラコンは安全面で不安が残りますので、たとえ人気があったとしてもおすすめはしません。

リアル店舗のカラコンショップだと全て国内承認済みのカラコンだけを扱っているはずなので安心ですが、ネット通販ショップの場合には未承認のカラコンを売っている店がたくさんありますので注意してください。
そういうショップは「当店は個人輸入代行方式にてカラコンを海外から直接発送いたします」というようなことがサイト内に書かれているはずなのですぐにわかると思います。
また、国内承認済みのカラコンには「承認番号」というものがつけられていて、通販サイトでも商品ページに承認番号が書かれているので、それが書かれているかどうかチェックしても国内承認カラコンかどうかわかります。
たとえ海外製でも国内承認カラコンであれば安全面についてそれほど心配することはありません。

参考サイト:『日本製のカラコンって売ってるの?』公式サイト

オイリー肌に悩んでいる人向けの化粧下地について

関東地方ではすでに昼間は暑い日が続いていますが、オイリー肌さんにとっては汗と皮脂が混ざって冬以上に顔のテカリが気になっているのではないでしょうか。
男性と違って女性の場合にはメイクをしていますので、ファンデーション崩れも気になるところですね。
もし今のところ特に化粧下地に気を使っていないようでしたら、オイリー肌用の化粧下地に替えてみてはどうでしょうか。
そうは言っても「オイリー肌向けの化粧下地にどんなものがあるのかわからない」という人もいると思いますので、オイリー肌向けの化粧下地を解説しているサイトを紹介しておきます。
>>『オイリー肌におすすめの化粧下地』公式サイト

サイト内で特におすすめされているのがMIMURAの「SMOOTH SKIN COVER」という化粧下地でです。
登場してからまだ比較的新しめで通販メインで販売されている商品なので、知らない人も多いと思いますが、オイリー肌の人に特におすすめの化粧下地です。
パウダー配合のふわふわのクリームが顔のテカリやファンデーション崩れを防いでくれます。
その他にも顔のシワ、凸凹したクレーターもカバーしてくれてSPF20の日焼け止め効果もあります。
かなり小さな容器に入っているのですが一度に使うのはとても少ない量なので、一つ購入すればそれだけで2ヶ月くらいは持つはずです。
使うときには付けすぎに注意してください。
少ない量を薄く伸ばしながら使うとうまく塗れます。
アットコスメなどでのレビューも結構良かったのですが、まずは実際に試してみないことには始まりませんので、この記事を読んで興味を持った人にはぜひ一度試してもらいたいと思います。

テストページ love is life

 私の友達に高橋定次郎氏という人がありました。この人は前にも話しました通り、高橋鳳雲の息子さんで、その頃は鉄筆で筒を刻って職業としていました。上野広小路の山崎(油屋)の横を湯島の男坂の方へ曲がって中ほど(今は黒門町か)に住んでいました。この人が常に私の宅へ遊びに来ている。それから、もう一人田中増次郎という蒔絵師がありました。これは男坂寄りの方に住んでいる。どことなく顔の容子が狐に似ているとかでこんこんさんと綽名をされた人で、変り物でありましたが、この人も定次郎氏と一緒に朝夕遊びに来ていました。お互いに職業は違いますが、共に仕事には熱心で話もよく合いました。ところで、もう一人、矢張り高橋氏の隣に住んでる人で野見長次という人がありました。これは肥後熊本の人で、店は道具商で、果物の標本を作っていました。枇杷、桃、柿などを張子でこしらえ、それに実物そっくりの彩色をしたもので一寸盛籠に入れて置物などにもなる。縁日などに出して相当売れていました。この野見氏の親父さんという人は、もと、熊本時代には興行物に手を出して味を知っている人でありましたから、長次氏もそういうことに気もあった。この人も前の両氏と仲よしで一緒に私の宅へ遊びに来て、互いに物をこしらえる職業でありますから、話も合って研究しあうという風でありました。

 ここで、少し断わって置かねばならぬことは、こういう門弟たちのことは別段興味のある話しというではなく、また事実としても、いわば私事になって、特に何かの参考となることでもありませんから、深く立ち入り、管々しくなることは避けたいと思います。
 それに、最早世を去った人などのことはとにかく、現存の人であって見れば、私と師弟関係があるだけ、毀誉褒貶の如何に関せずおもしろくないと思いますから、批評がましいことは避けます。それに、自分では、今思い出すままを、記憶に任せてお話することで、疎密繁閑取り取りですから、その辺はそのつもりでお聞き下さい。とにかく、私の覚え帳に名前の乗ってるだけの弟子の数も五、六十名に達することで、一わたり、ざっと話して置きましょう。

 三月十二日にお雇いを拝命すると、間もなく、岡倉幹事は私に奈良見物をして来てくれということでした。岡倉氏という人はいろいろ深く考えていた人であって、私がまだ今日まで奈良を見たことがないということを知っていたので、私にその方の見学をさせるためであったことと思われます。これは氏の行き届いた所であります。
 私と、結城正明氏とが一緒に行くことになりました(結城氏という人は狩野派の画家でありました)。両人ともに往復十日間の暇を貰いまして、旅費百六十幾円かを給されました。まだ東海道の汽車が全通しない頃でありましたから、私たちは横浜へ出て、船問屋の西村から汽船で神戸へ着き、後戻りをして奈良へ参り、奈良と京都の二ヶ所について古美術を視察見学したのでありました。私は生まれてから江戸の土地を離れたことがないので、今度こうして長旅をすることになったので、いろいろ旅ということについておかしい話もありますが、それは略するとして、とにかく、今度の旅行は、美術学校の教官として実地見学に出向くのでありますから、学校の正服を着けて参らねばならない。これが始末が悪いので閉口しました。